1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

【ふるさと納税】国産もち蜂蜜【1kg】養蜂一筋60年自慢の一品 さっぱりとした後味の蜂蜜|はちみつ ハチミツ 蜂蜜 福岡 ハニーお取り寄せ 国産蜂蜜 国産ハチミツ 国産はちみつ 純粋はちみつ 純粋ハチミツ 九州 かの蜂 お土産 福岡土産 国産純粋はちみつ かの蜂蜜 九州 国産はちみつ 国産純粋はちみつ ふるさと納税 蜂蜜 ハチミツ 国産もち蜂蜜 福岡土産 1kg 純粋はちみつ さっぱりとした後味の蜂蜜 かの蜂蜜 純粋ハチミツ 国産蜂蜜 お土産 ハニーお取り寄せ はちみつ 養蜂一筋60年自慢の一品 福岡 国産ハチミツ かの蜂 ふるさと納税,国産もち蜂蜜,1kg,養蜂一筋60年自慢の一品,さっぱりとした後味の蜂蜜,はちみつ,ハチミツ,蜂蜜,福岡,ハニーお取り寄せ,国産蜂蜜,国産ハチミツ,国産はちみつ,純粋はちみつ,純粋ハチミツ,九州,かの蜂,お土産,福岡土産,国産純粋はちみつ,かの蜂蜜 ふるさと納税,国産もち蜂蜜,1kg,養蜂一筋60年自慢の一品,さっぱりとした後味の蜂蜜,はちみつ,ハチミツ,蜂蜜,福岡,ハニーお取り寄せ,国産蜂蜜,国産ハチミツ,国産はちみつ,純粋はちみつ,純粋ハチミツ,九州,かの蜂,お土産,福岡土産,国産純粋はちみつ,かの蜂蜜 九州 国産はちみつ 国産純粋はちみつ ふるさと納税 蜂蜜 ハチミツ 国産もち蜂蜜 福岡土産 1kg 純粋はちみつ さっぱりとした後味の蜂蜜 かの蜂蜜 純粋ハチミツ 国産蜂蜜 お土産 ハニーお取り寄せ はちみつ 養蜂一筋60年自慢の一品 福岡 国産ハチミツ かの蜂 【ふるさと納税】国産もち蜂蜜【1kg】養蜂一筋60年自慢の一品 さっぱりとした後味の蜂蜜|はちみつ ハチミツ 蜂蜜 福岡 ハニーお取り寄せ 国産蜂蜜 国産ハチミツ 国産はちみつ 純粋はちみつ 純粋ハチミツ 九州 かの蜂 お土産 福岡土産 国産純粋はちみつ かの蜂蜜

【ふるさと納税】国産もち蜂蜜【1kg】養蜂一筋60年自慢の一品 さっぱりとした後味の蜂蜜|はちみつ ハチミツ 蜂蜜 福岡 ハニーお取り寄せ 国産蜂蜜 国産ハチミツ 国産はちみつ 純粋はちみつ 純粋ハチミツ 九州 かの蜂 お土産 福岡土産 国産純粋はちみつ かの蜂蜜

【ふるさと納税】国産もち蜂蜜【1kg】養蜂一筋60年自慢の一品 さっぱりとした後味の蜂蜜|はちみつ ハチミツ 蜂蜜 福岡 ハニーお取り寄せ 国産蜂蜜 国産ハチミツ 国産はちみつ 純粋はちみつ 純粋ハチミツ 九州 かの蜂 お土産 福岡土産 国産純粋はちみつ かの蜂蜜
【ふるさと納税】国産もち蜂蜜【1kg】養蜂一筋60年自慢の一品 さっぱりとした後味の蜂蜜|はちみつ ハチミツ 蜂蜜 福岡 ハニーお取り寄せ 国産蜂蜜 国産ハチミツ 国産はちみつ 純粋はちみつ 純粋ハチミツ 九州 かの蜂 お土産 福岡土産 国産純粋はちみつ かの蜂蜜
PrhIwzfW
10000円-30%-7000円












・ふるさと納税よくある質問
・寄付申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。
・ご要望を備考に記載頂いてもこちらでは対応いたしかねますので、何卒ご了承くださいませ。
・寄付回数の制限は設けておりません。寄付をいただく度にお届けいたします。




商品詳細
名称はちみつ
商品概要事業者名:株式会社アルノ(0120-17-3838)
国産のもち蜂蜜は赤い実をつける黒金糯(くろがねもち)の花から採れる蜂蜜です。
酸味があり爽やかな後味があります。まろやかなコクを持った奥深い蜂蜜です。
原材料名はちみつ
内容量1kg
賞味期限730日
保存方法直射日光を避け、涼しい所で常温保存。自然のままのハチミツですので結晶する場合がありますが、品質になんら影響ありません。
配送について準備が整い次第順次発送致します。
製造者株式会社アルノ(かの蜂)
福岡県八女市今福1046-8
もしくは
鹿野養蜂園
福岡県八女市立花町北山812または岩崎446



自民総裁選、4氏は何を訴えたか 演説のことば分析

自民総裁選、4氏は何を訴えたか演説のことば分析

■河野氏「テレワーク」、岸田氏「寛容」「分配」力説

■高市氏「美しく、強く」、野田氏「人口減少」に時間割く

■4氏そろって衆院選も念頭に保守層を意識…

昭和レトロ、クイズで挑戦 令和に続く元気印のルーツは

昭和レトロ、クイズで挑戦令和に続く元気印のルーツは

若者世代などで昭和レトロがちょっとしたブームとなっている。令和のいまも現役で、発展を遂げてきた商品やサービスは数多い。昭和クイズに千人が回答。正答率が低い順にランキングした。

■1位 昭和時代に登場した雑誌は 25.7%(1)婦人画報 (2)an・an (3)ゼクシィ

インターネットがまだなかった昭和40~50年代、若者文化の発信源は雑誌だった。

日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた昭和45年。マ…

「キラキラ男子」の起業と挫折 コンサル的な発想の限界

「キラキラ男子」の起業と挫折コンサル的な発想の限界

「東大の大学院を出て、新卒で外資系コンサルに入りました。いまは2度目の起業で、自由で軽やかな暮らしを実現する会社を経営しています」。初対面でそんな自己紹介をされたら、あまりのキラキラぶりに目がくらんでしまいそう。こんな人生を歩んできた張本人、家具・家電のサブスクリプション(定額課金)を手掛けるクラス(東京・目黒)社長の久保裕丈にも、挫折経験があった。

毎月の退職者

「しんどい。とにかくしんどい」…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。